毎週恒例水曜日の週販記事。

ニンテンドースイッチが発売されてから、70週目となる7月第2週の週販ランキングが

先程メディアクリエイト集計・4gamerで更新された!


いよいよ、日本では来週ぐらいから子どもたちの夏休み…と言った時期に入る。

当然ながら、子供層への訴求力が強いのは、全年齢男女問わず幅広い層に

訴求力を持つニンテンドースイッチである。



もちろん、先にも書いたとおり、夏休み商戦はまだこれから始まるところだが

徐々に影響が見えるようになってくると考えられる。

先々週は、ソフトの力もあって5万台以上の売上を記録したスイッチ。

先週も引き続き、5万台以上の大台に乗ることは出来るだろうか?


ソフト面では、パッケージソフトは大きなタイトルは

スイッチでは出ていない。PS4でスパイク・チュンソフトのザンキゼロが注目作だろうか。



PS4とVitaのマルチ発売だが、両機種ランクインはするだろうか?

携帯機はここのところ、3DSも含めて日本で勢いは弱まっているため

ランクインするにしても、PS4版とはだいぶ差がつくのでは?と考えられる。


その他は、特にめぼしいタイトルがないので、今週もまた

マリオテニスエースやマイクラのスイッチ版が上位に入ってくるのは間違いない。

果たして、71週目の結果やいかに?


Sponsored Link

ニンテンドースイッチ71週目は4.4万台を売り上げる!ザンキゼロが合算で2.6万本を売り上げる!

先程、4gamerで更新されたランキングの記事は↓である。


「マリオテニス エース」が3週連続1位で累計20万本超え。新作では「ザンキゼロ」がランクインの「ゲームソフト週間販売ランキング+」


例によってランキングのキャプチャーを貼る。



出典:「マリオテニス エース」が3週連続1位で累計20万本超え。新作では「ザンキゼロ」がランクインの「ゲームソフト週間販売ランキング+」
より


というわけで、ニンテンドースイッチの71週目は44,237台を売り上げ

前週からの累計売上台数は4,573,996台となった。


スイッチ本体は、先週と比べると若干落ち着いたが、強い需要をまだまだ維持している。

ちなみに、あさって13日にはスプラトゥーン2同梱版+9月からのオンライン有料に向けて

3ヶ月オンラインを利用できる利用券がついたお得な本体が発売される。

もともと人気のスプラトゥーン2が、更に本体を伸ばすための起爆剤になることは必至で

来週の週販は、6万台程度も狙えるのでは?と今から予想しておく。



ソフトランキングだが、マリオテニスエースが三週連続1位を獲得し累計販売数が20万を突破!

今からこの売れ行きだと、やはり年末などで再度伸ばすであろうことを考えると

ハーフミリオン達成は堅いだろうか?今後ランキングの定番になるのは間違い無さそうだ。

マインクラフトも、既に他の機種で散々出ているにも関わらず、この売れ行きは凄まじいの一言。

これもジワ売れ、最終的にミリオン到達でも個人的には全く驚かないタイトルになっている。


スパイク・チュンソフトの新作ザンキゼロだが…マルチ合算で2.6万本は正直寂しい。

合算しても、三週目のマリオテニスに及ばないのは流石に…。

いちおう、2つ合わせて、国内で1100万台以上は売っているはずなのだが…。

評価もあまり芳しくないようで、最近PS系のゲームでは圧倒的に多い

値下がりがこのゲームでも起こってしまうかも知れない。

今週もランキングに入っている、Newガンダムブレイカーなどは、ネット通販で

数量限定ではあろうが、販売価格が1000円台に突入している(もちろん新品が)という

大失態をおかしており、ユーザーの信頼は地に落ちている状況のようだ。

スイッチとは対照的なゲーム販売となっているが、今後もPS系の売れ行きは全体的に弱まっていくような気がしてならない。


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村