「日本一ソフトウェア」の記事一覧

【セットならまあ妥当か?】スイッチの『夜廻』『深夜廻』のセットが日本でも発売決定!10月25日に7538円(税込)で発売へ!

ゲームメディア ニンテンドースイッチ 日本一ソフトウェア
日本一ソフトウェアロゴ

5月の終わりに、海外では既に発売が決定していた日本一ソフトウェアのあ『夜廻』『深夜廻』セットタイトルが、日本でも発売することが決定した。10月25日発売となり、価格は7538円となるようだ。

Comment(2)

【やはり…】エース経済研究所「『嘘つき姫と盲目王子』はDL版含み3万本を突破。会社側はスイッチ版のほうがやや多いと感触」

ニンテンドースイッチ SIE ゲーム売上 日本一ソフトウェア

先月末にPS4とスイッチのマルチで発売された、日本一ソフトウェアの『嘘つき姫と盲目王子』売上はそこまで大きくはないが、DL含めると3万本を超える販売を記録し、会社としてはスイッチ版のほうが若干売れていると言った感触を得ているとのこと。

Comment(2)

【全力で移動中】NIS Americaが海外で、『夜廻』『深夜廻』をカップリングしてスイッチに発売することを決定!

ニンテンドースイッチ 日本一ソフトウェア

ディスガイア5の好調後、過去の作品も含めて続々とニンテンドースイッチにゲームを移植・リリースしている日本一ソフトウェア。海外のみではあるものの、また一つPSで展開していたとあるゲームをスイッチに移植することを発表している。

Comment(2)

【ぶっちゃけた!】NISA関係者が海外のゲーム流通誌『MCV』に、SNKヒロインズの発売経緯について突っ込んだ内情を暴露!

ゲームメディア 日本一ソフトウェア

海外のゲーム流通誌『MCV』誌上において、日本一ソフトウェアの海外法人であるNISAの社長がインタビューに答えており、その中で衝撃的な内容の回答が幾つか書かれている。さすがにぶっちゃけすぎだと思う。

Comment(5)

【またも名指し】日本一ソフトウェア、スイッチのディスガイア5などが好調で18年3月期通期予想を上方修正へ!

ゲーム売上 日本一ソフトウェア
日本一ソフトウェアロゴ

発売した後、度々公の場で、その売れ行きが好調であることを社長自身が語っている、日本一ソフトウェアのスイッチ版魔界戦記ディスガイア5。年度末の決算がそろそろ締められるが、日本一ソフトウェアの3月期通期決算に、ディスガイア5が貢献し、上方修正が行われたとのこと。

Comment(4)

【マジか…】The Lost Child、海外でNIS Americaよりスイッチにもマルチで発売決定!

ニンテンドースイッチ SIE メーカー 日本一ソフトウェア

日本では昨年の夏に、神話構想RPGとして発売されたものの売上は振るわなかったThe Lsot ChildがNIS Americaによって海外向けにローカライズされることが決定し、そのプラットフォームには日本には無かったスイッチも含まれていることが明らかになった。

Comment(2)

【やはり】日本一ダイレクトで紹介された「嘘つき姫と盲目王子」がPS4/Vita/Switchのマルチで発売決定!

ゲームメディア ニンテンドースイッチ SIE 日本一ソフトウェア

先月の日本一ダイレクトで制作が明らかにされた、新規タイトルである嘘つき姫と盲目王子。あさって発売予定のファミ通にある程度の詳細が掲載されるが、対応プラットフォームが判明したようだ。

Comment(0)

【悲報】日本一ソフトウェア、Steam版イース8の発売を延期!開発会社の変更を示唆。スイッチ版にも影響か?

ニンテンドースイッチ SIE メーカー 日本一ソフトウェア PCゲーム

国内外でファルコムのイース8をSteam、スイッチに移植を進めている日本一ソフトウェア。その移植作業の間に、幾つかの問題点が発覚し、Steam版は3度めの延期を発表している。移植担当の会社も変更が決定し、今後のリリースに暗雲が立ち込めている。

Comment(2)

【何が出るのか】日本一ソフトウェアがこのあと23時から、日本一ダイレクトを開催決定!

日本一ソフトウェア
日本一ソフトウェアロゴ

スイッチでの魔界戦記ディスガイア5の大成功を受けて、ここのところスイッチでのフットワークが異常に軽くなっている日本一ソフトウェアが、本日23時より、ダイレクトで直接新作発表を行うことが告知されている。

Comment(4)

ページの先頭へ