「任天堂」の記事一覧

【またか】『STAR OCEAN First Departure R』がPS4/SWITCHで発売決定!

ニンテンドースイッチ SIE スクウェア・エニックス

1996年にSFCでシリーズ第一作目として発売され、2007年にPSPでリメイクされた『スターオーシャン』任天堂ハードにはほとんど展開されていないこのシリーズの第一作目のリメイクのHDバージョン『STAR OCEAN First Departure R』がPS4とスイッチのマルチで発売決定とのこと

Comment(0)

【カタログチケット効果!】『ゼノブレイド2』が先週のe-ShopのDLランキングで4位に浮上!

ニンテンドースイッチ ゲーム売上 メーカー

2017年12月にスイッチで発売された、最近のJRPPGでは屈指の大作であったゼノブレイド2。値段の高さもあって、評判よりは売り上げは少ないとは感じているが、ニンテンドーカタログチケットの効果であろう、先週のe-Shopランキングで4位に食い込む売れ行きを見せている。

Comment(3)

【バカすぎるw(褒め言葉)】『マッチョでポン!ZZ』が5月30日に888円でスイッチに配信決定!

ニンテンドースイッチ メーカー 面白ネタ

任天堂の名作や、インディーズの名作が続々揃う中で、バカゲー・奇ゲーも時折リリースされてしまうニンテンドースイッチのカオスなDLゲーム市場。5月30日にまたしてもカオスなゲームが登場する模様w

Comment(0)

【羨ましすぎる】外国人『任天堂本社に写真を撮りに行ったら親切な社員に手助けしてもらえた』【ワロタw】

任天堂 面白ネタ

京都市に本社を構える、創業130年にもなる老舗の会社である任天堂。その本社の建物は特徴的な形から、一般層にも知られている場合がありますが、その任天堂本社に観光で写真を撮りに行った外国人が親切な任天堂社員に手助けをしてもらって写真撮影を行ったようですw

Comment(0)

【発売日決定】『鬼ノ哭ク邦』がPS4/Switchで8月22日に5800円(税抜き)で発売決定!

ニンテンドースイッチ SIE ニンテンドーダイレクト スクウェア・エニックス

2月14日のニンテンドーダイレクトにて紹介された、Tokyo RPG Factoryが送る第三弾のRPGとなる『鬼ノ哭ク邦』その発売日と、価格が正式に発表され8月22日に5800円(税抜き)でPS4とSwitchに出ることが告知された。

Comment(1)

【朗報】エムツーショットトリガーズ第5弾『エスプレイド』がPS4/SWITCHで発売決定!

ニンテンドースイッチ SIE メーカー ゲームメディア

ゲームディベロッパーのM2が行っているプロジェクトで、往年の名作STGを復刻するエムツーショットトリガーズの第5弾『エスプレイド』の対応プラットフォームが決定となり、PS4とスイッチでのマルチで発売決定とのこと!

Comment(2)

【楽しみ】『ストライカーズ2020(仮)』が制作開始!麻雀ゲームの復刻やコラボも?

ニンテンドースイッチ メーカー ゲームメディア

かつては評判が悪かったが、スイッチで生まれ変わったかのように評価を一変させたゼロディブが、現在彩京STGライクの完全新作『ストライカーズ2020(仮)』を鋭意製作中であることが明らかにされている。

Comment(0)

【ジワ売れ!】『太鼓の達人Nintendo Switch ば〜じょん!』の販売数が60万本を突破したことが明らかに!

ニンテンドースイッチ バンダイナムコゲームス ゲーム売上

去年の7月に、家庭用のシリーズ最新作としてスイッチに発売された『太鼓の達人Nintendo Switch ば~じょん!』日本ではスイッチのジワ売れ定番ソフトに成長しているが、全世界での売上が60万本に到達したことが発表されている。

Comment(0)

ページの先頭へ