権利の関係上などで移植、ましてやコレクションタイトルはほぼ無理ではないか…?と思っていた

カプコンの名物格闘ゲームシリーズであるマーベルVSカプコンシリーズの

計6作をコレクション+家庭用移植は初となるパニッシャーの計7タイトルを収録した

MARVEL vs. CAPCOM Fighting Collection: Arcade Classicsが2024年発売決定です!


このシリーズは、もともとカプコンの人気格ゲーだったストリートファイターシリーズと

同じくカプコンがそのキャラクターを使って作った格ゲーである、X-MENシリーズとの

夢の競演としてアーケードで稼働されたタイトルであり、稼働当時は話題になったゲームですね!


ストリートファイターにはない、上下のフィールドを大きく使ったゲームで

特にエリアルレイヴという、打ち上げ技(しゃがみ強Pが多い)から始動できる空中コンボが

爽快かつ豪快で、スピード感も相まって他の格ゲーシリーズにはない感覚が味わえるタイトルとなっていました。

また、X-MEN世界側に寄せられていて、ストリートファイターシリーズのキャラクターの必殺技も

見た目・威力ともに非常に豪快なエフェクトとなっており、当時は対戦も盛んなゲームでした。


X-MEN VS STREET FIGHTERにかなりハマった人間としては、かなり魅力的なタイトルで

間違いなく発売されたら買いますが、版権的に問題があるキャラクターがいて

最も問題になるのは、2作目にあたるMarvel Super Heroes Vs. Street Fighterにおいて

当時とんねるずが日本テレビで冠番組として放送していた、生でダラダラいかせてとの

番組コラボである、木梨憲武が自身をモデルにし、デザインした憲磨呂というキャラがいるのですが



それに関しては、やはり今回の移植ではいないのではということをIGNが記事にしております。

Marvel Super Heroes Vs. Street Fighterは、海外版が移植されるのではという話にもなっています。


今回の移植は、今回のニンテンドーダイレクトで最も興奮した発表の一つだったんですが

ただ、ネット対戦があるとなると、このゲームのかなり豪快なゲームバランス…

具体的には、結構な数の体力満タンから死ぬまで入り続ける、いわゆる永久コンボ

このシリーズでは確認されているというのがあります。


※上記動画は、今回移植がないタイトルも含まれております。


お祭りタイトルということで、ゲームバランスより爽快感を重視したようには思いますが

オンライン対戦は、この手のコンボも問答無用で使われたらカオスになりそうですね…w

いずれにしても、配信日が決定したらテンションが上がるのは間違いないですねw


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村