(この記事はタレコミから作成しています。情報提供ありがとうございました。)

 任天堂は本日(2024年7月8日),7月19日~7月21日に京都市勧業館「みやこめっせ」にて開催される日本最大級のインディーゲームイベント「BitSummit Drift」における同社ブースの展示内容を発表した。

 たくさんの提灯が飾られた任天堂ブースでは,発売前のソフトと発売中のおすすめのソフト12タイトルを体験できるという。主に配信イベント「Indie World 2024.4.17」で紹介されたタイトルが対象となり,タイトルの詳細は以下となる。

・A Dance of Fire and Ice
・アレンジャー・ロールパズリングの旅
・Kill The Crows
・SCHiM – スキム –
・ボウと月夜の碧い花
・The Star Named EOS ~未明の軌跡へ~
・スイカゲーム 2人プレイモード 追加パック
・ぶっとバード
・Little Kitty, Big City
・8番出口
・Lorelei and the Laser Eyes
・Balatro

7月の19~21日の3日間、京都で開催されるBitSummit Driftにおいて

任天堂が出展して、有力インディーズの訴求などを行うことが確定となっております。

任天堂とインディーズの付き合いはかれこれ、Wii時代から長いものとなるわけですから

もはや、スイッチにおいてインディーズは欠かせない存在でありますし

任天堂も、彼らの意欲的なソフトについて期待していることがありありと出ている告知かなと思います。

スイカゲームの追加コンテンツや、8番出口なども体験できるということで

任天堂としては、スイッチがいよいよ末期とあっても、まだまだインディーズタイトルにも

頑張ってほしいし、支援も惜しまないという意志を感じる出展になっているのかなと思います。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村