海外のインディーズとして、ショベルナイト

リリースして、国内外で大きな反響を得たYacht Club Games


海外のインディーズという立場ながら、ロックマンテイストの骨太2Dアクションである

ショベルナイトを制作したYacht Club Gamesは、なんと任天堂から正式に

ショベルナイトのamiiboまで制作してもらっているほどである。



今や本家がでなくなってしまったロックマンに代わって、非常に作り込みがされた

2Dドットアクションを作ったYacht Club Gamesは、この主力キャラクターを

殆どのハードでリリースしている。PSにもXboxにも3DSにもPCにもショベルナイトはリリースされている。


様々な機種でマルチで発売されているショベルナイト。追加コンテンツなどもあったとはいえ

既に最初の発売からは3年以上経過しているにも関わらず、一番後発で出した

スイッチ版が、一番売れていることをYacht Club Gamesの責任者が答えているとのこと!


Sponsored Link

昨年4月のデータの時点で全世界で120万売り上げていることが確定。スイッチ版は40万DLぐらいの可能性?

ショベルナイトが一番最初にリリースされたのは、2014年6月にマルチで発売されている。

そこから、およそ2年。去年の4月にYacht Club Gamesが公表したところによれば

DL版とパッケージ版をあわせた全ての売り上げが120万本に到達していたことが記事になっている。

 ショベルナイトのセールスが発表されています。

 日本では任天堂が発売予定にしている「ショベルナイト」は、海外のインディゲームで、元々はダウンロード販売だけ行われていたものです。

 そして、そのダウンロード版のセールスが、全世界で100万を突破したことが明らかになっています。

 また、パッケージ版としてリリースされたものは約20万本売れており、パッケージ版+DL版の合計120万セールスの内訳は上のグラフのようになっていることが発表されています。

出典: ショベルナイトのセールス、全世界で100万ダウンロード突破。パッケージ版は20万本に より


この後、amiiboが同梱された3DS版のパッケージ版も発売されている。

データは2016年4月の時点なので、今現在では更にそれぞれのプラットフォームが

売り上げを伸ばしているのは当然といえるだろう。


しかし、その中にあってもっとも後発で出たスイッチ版が、今までの

全てのプラットフォームの売り上げの中でトップに立つということが起きてしまったと

Yacht Club Gamesの社員が言っていると記事になっている。

“Shovel Knight, which was almost 3 years old when the Switch launched, sold more units out of the gate than any other platform,” says Yacht Club’s David D’Angelo.

ちなみに、この引用記事のタイトルは、ニンテンドースイッチはインディーズ市場の

ゴールドラッシュだと述べているとおり、このショベルナイト以外にも

成功したインディーズの例が多数記事にされている。

今までショベルナイトが一番売れていたのは、おそらくPC版であるが

PCは全世界にユーザーが居て、その市場規模は当然スイッチとは比較にならない。

PCのユーザーに比べれば圧倒的に数が少ないスイッチが、3年後発、リリースから

僅かな期間で、どのプラットフォームよりも売り上げが多かったというのは

驚愕すべき事実であるといえるだろう。スイッチが小粒なタイトルにとって

非常に売り込みやすい市場であることは、このブログで散々過去述べてきたことなので

今更語るまでもない話だが、それにしても凄まじい話である。


にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村