毎週恒例水曜日の週販記事。

ニンテンドースイッチが発売されてから、23週目となる8月第1週の週販ランキングが

先程、メディアクリエイト集計・4gamerで更新された!


今週は、DQ11が発売されて2週目。スプラトゥーン2が発売されて3週目となる。



DQ11はパッケージ2機種版・DL版すべて含めて国内出荷が300万本に到達したという

公式のリリースがあり、今週もある程度の売り上げを上げると予測できるだろう。

スプラトゥーン2は、先週のニンテンドースイッチの本体が各地でスプラトゥーン2同梱版が

多く見られたことから、同梱版効果で売り上げを伸ばすと予測できる。


暑さもいよいよ本番となっているが、2017年はゲーム業界も熱い!

これから、夏休みの子供層需要が高まりつつある状況の8月第1週の週販の結果やいかに?


Sponsored Link

ニンテンドースイッチの23週目は6.1万台を売り上げる!DQ11も2機種合計で50万本超え!

先程、4gamerで更新されたランキングの記事は↓である。


「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が2週目も合計50万本で好調の「ゲームソフト週間販売ランキング+」


例によってランキングのキャプチャーを貼る。



出典:「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が2週目も合計50万本で好調の「ゲームソフト週間販売ランキング+」より


というわけで、ニンテンドースイッチの23週目は61,933台を売り上げ

前週からの累計売上台数は134,8233台となった。

流石に、ドラクエ2週目となると若干落ち着いているが夏休み効果もあってか

全体的に景気のいい数字が各ハードごとで並んでいる。ニンテンドースイッチは

また出荷が下がっているが、果たして日本ではこれから盆休みで需要が増える時期に

どれだけの出荷が増やせるかがカギになりそうだ。


ソフトの売り上げで言えば、DQ11は2週目でも両機種合わせて50万本となかなか景気がいい。

DL版含めると270~280万本ぐらいの売り上げが予想される。

ただし、ドラクエはRPGなので、中古へ出回る速度も早い。いつも中古が大量に出回り

値崩れすることが多いが、今回のは特に3DS版がすれ違い要素がかなりやり込めるようになっているようなので

すれ違いでジワ売れを記録したDQ9のような、ジワ売れは期待できるかもしれない。

FFと違って、ゲームの評判も良いのでもう少し売り上げは上がるだろう。

何気に、PS4でミリオンを達成して、ようやくパッケージでミリオンタイトルが出た。

個人的な予想は外れた形になるが、さすがはDQブランドといったところか。

スイッチ版の開発も明言はされているので、初の3機種マルチで最終的にどこまで売り上げを伸ばすかは不透明である。


スプラトゥーンも相変わらず強い。今週も、本体<ソフト数という状況を記録しているので

ますます装着率が上がる結果に。DL版比率が多いタイトルのはずなので(管理人もそう)

実際の売り上げは、90万近く行っていると推定される。夏休み中にミリオンは間違いないだろう。


他のソフトを見ると、ほぼ上位は任天堂ハードを示す青い表示が目立つ。

大逆転裁判は限定版を含めると7.7万本ほど。レイトンも3週目にして10万本突破で

シリーズ物の根強い需要が窺える。



クラッシュ・バンディクーは、PS時代の遺産の再来ということになるが

同じようなコンセプトのパラッパやロコロコに比べるとかなりの売り上げを上げている。

海外スタジオのノーティードッグが作ったアクションゲームだったが、日本でローカライズされた際に

日本向けの味付けがされて、CMもインパクトがあったタイトル。

ただ、当時は幾らPS自体に勢いがあったとはいえ、120万本を国内で売ったタイトル。

海外では、かなり売れていたのを考えると、やや寂しい売り上げと言えるのかもしれない。

もっとも、今の国内PSはクラッシュ・バンディクーを好んでやる層は激減しているであろうから

やはり、凄い売れ行きなのかもしれない。



しかし、ドラクエとクラッシュ以外のPSソフトが振るわないのは事実。

どうぶつの森+などにも負けている下位ソフトの売り上げは、ほんとに

PSで商売が成り立っているのか心配になるレベルの売り上げである。


そして、ランキング19位…。なんというか、キミはいつまでいるのだろうか?


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村